checheの韓国暮らし

**韓国人と国際結婚したちぇちぇの気まぐれ日記**

全体:         今日: 昨日:
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

PROFILE

  • ご訪問ありがとうございます。
    2004年に韓国人と結婚したちぇちぇの気まぐれ日記です。
    私の韓国暮らし & 韓国の色々な情報などを紹介しています。
    2009年1月からオーストラリアに留学を機にシドニー暮らしと帰国後の2010年からの韓国暮らしは新しいブログで更新しています
    ぜひご訪問ください♪
    韓国暮らし2010〜のブログはこちら↓
    checheの韓国暮らし2010〜

        

カウント

fine
<< ホテルのような観光列車、7月から運行へ | main | コンガルパン >>

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| スポンサードリンク | - | - | - |

物価高韓国、コーヒー価格は世界一

2008.05.21 Wednesday 22:45

韓国消費者院は,
コーヒー、ゴルフ場のグリーンフィー、輸入缶ビール、スナック類、化粧品、書籍、オレンジジュースの7品目の国内外価格比較調査の結果を発表した。

その結果、ソウルのスターバックスのコーヒー価格は物価水準を考慮すると、日本、米国、シンガポール、ドイツ、フランスなど世界11カ国・地域より高いことが分かった。

韓国のゴルフ場におけるグリーンフィーもドイツやフランスに比べ2倍だった。


◆バドワイザー、中国の2倍


 ソウルではスターバックスの「カフェ・アメリカーノ」の価格は3300ウォン(約330円)。米国・カナダで2280ウォン(約225円)で購入できるのに比べ、1000ウォン以上高いことになる。


 消費者院は「価格を単純比較すると、ユーロ高でウォン換算価格が上昇した欧州の都市を除き、ソウルが最も高かった」と指摘した。

外国と物価を比較する場合、為替変動によって相対的な価格差が生まれる。為替要因を取り除くため、購買力指数を基準に比較すると、韓国のコーヒー価格は比較対象の11カ国・地域で最も高いことが分かった。


 ゴルフ場のグリーンフィーも同様だ。韓国ではビジターが中級ゴルフ場で18ホールをラウンドする場合の料金が平均19万3850ウォン(約1万9200円)掛かり、日本に次いで2番目に高かった。

特にカート費用(5人乗り)が7万7170ウォン(約7600円)で最も高く、英国(5万8560ウォン)、イタリア(5万8550ウォン)、フランス(5万3080ウォン)を上回った。


 輸入ビールはバドワイザーの缶ビール(355cc)で比較すると購買力指数ベースで最も高かった。

価格を単純比較した場合でも中国の800ウォン(約80円)に対し、韓国では1500ウォン(約150円)と2倍の価格差があった。輸入化粧品は口紅の価格が8位、購買力指数基準では1位だった。

◆複雑な流通構造や税金が原因


 内外価格差が発生する理由としては、各国の政策、税金、物流費用、労働生産性、原材料価格などさまざまな要因が挙げられる。

消費者院の張寿泰(チャン・ステ)取引調査研究チーム長は「複雑な流通段階、税率の高さ、政府による規制など構造的な要因と高コスト・低効率という経済的要因、条件が悪い国土と資源不足など自然的要因が複合的に作用している」と分析した。


 コーヒー価格の高さについて、張チーム長は「テナント入居料の高さ、売り上げの5%を占めるロイヤルティーなど高コスト構造と外国のコーヒー店を好む消費者の性向が影響を与えている」と述べた。

ゴルフ場のグリーンフィーについては、総合不動産税、特別消費税、教育税など10種類余りの税金とマーケティング費用の高さが主因と分析した。

輸入缶ビールの小売価格に税金が占める比率は53%で、米国(14%)、ドイツ(15%)、フランス(18%)よりはるかに高かった。


 消費者院は今回の調査結果を基に、国内価格が海外に比べあまりに高い分野に関しては不公正取引の有無を監視する方針だ。また、税率の高さについては関係官庁に制度改善を求めていくことにした。

延世大経営学科の朴尚用(パク・サンヨン)教授は「今回の調査に含まれていない品目でも内外価格差が大きい商品がかなりある。性急な対応は危険だが、独占寡占や租税面などの要因は政府が構造的な対策を講じる必要がある」と訴えた。


◆ワインは日本の2倍以上


 今回の調査に含まれていないワインも内外価格差が大きい一例だ。フランス産高級ワイン「ムートン・ロチルド2004年産」は韓国での平均小売価格が97万ウォン(約9万6000円)前後。

しかし、同じワインを東京のワインショップ・エノテカで購入すると3万9900円だ。価格差は2倍以上に達する。


 韓国でワイン価格が日本より2倍以上高いのは、韓国と日本の税制が大きく異なる上、輸入業者が利ざやを多く取っているためだ。

韓国はワインに対し、輸入原価に比例して税金が上がる従価税を適用している。しかし、日本では輸入価格に関係なく、容積に従って課税する従量税を適用している。香港ではほぼ無税だ。


 韓国に輸入されるワインには関税15%、酒税30%、教育税10%、付加価値税10%が掛かる。このため、高いワインを飲めば飲むほど政府に多額の税金を払う計算だ。

日本では100万ウォンのワインでも1万ウォンのワインでも税金は同じだ。政府がワインに高税率を適用する理由は、伝統酒をはじめとする韓国の酒類を保護するためだ。

だが、ワインは既に大衆的な酒として位置づけられており、税制そのものを見直すべきとの声が高まっている。


朝鮮日報/朝鮮日報JNS

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣韓国の今 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday 22:45

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

-

(2008/05/23 2:57 AM)

管理者の承認待ちコメントです。










TRACKBACK

url: http://chechesk.jugem.jp/trackback/246
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

韓国のお天気

シドニーのお天気

Click for シドニー, New South Wales Forecast