checheの韓国暮らし

**韓国人と国際結婚したちぇちぇの気まぐれ日記**

全体:         今日: 昨日:
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

PROFILE

  • ご訪問ありがとうございます。
    2004年に韓国人と結婚したちぇちぇの気まぐれ日記です。
    私の韓国暮らし & 韓国の色々な情報などを紹介しています。
    2009年1月からオーストラリアに留学を機にシドニー暮らしと帰国後の2010年からの韓国暮らしは新しいブログで更新しています
    ぜひご訪問ください♪
    韓国暮らし2010〜のブログはこちら↓
    checheの韓国暮らし2010〜

        

カウント

fine

スポンサーサイト

2009.09.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| スポンサードリンク | - | - | - |

韓国で今、芸能人顔負けのカリスマ講師が人気

2008.06.22 Sunday 13:07

韓国の塾の先生は、芸能人みたいなスター講師が多い。
学生も学校よりも塾で熱心に勉強する人が多いのが現状です。


2006年末、「イートゥース予備校」は同予備校を代表する講師だったチュ・ギョンムン講師(言語分野)に対し、スターマーケティング方式を採用した。

専任アシスタントを付け、ヘアスタイルも受講生に人気の洗練されたスタイルに変えた。

マーケティング専門チームが講義内容をチェックし、「この部分では机を1回たたく方がいい」といった具合に、講義のシナリオまで細かく作った。

写真も400万ウォン(約40万円)かけ、撮影し直した。すると結果はすぐに現われた。

2007年にチュ講師が稼ぎ出したインターネット講義の売り上げだけでなんと約20億ウォン(約2億円)。前年のネット講義の売り上げを10倍以上も上回る額だった。


 カリスマ講師たちは「チーム」で動く。大手予備校はカリスマ講師たちに「助教」と呼ばれるアシスタントを付けてくれる。彼らは担当講師のホームページ管理・教材開発・講義モニタリング・服装・運転までを引き受ける。人気カリスマ講師の中には、アシスタントが10人いるケースもある。


 一方、ありきたりでない「顧客感動サービス」でほかとの差別化を試みるケースもある。

「ビタエデュ予備校」のチョン・スンジェ講師(数理分野)は歌で勝負する。受講生が好きな歌に数学の公式の説明を入れ、「バスの中で聞く数学」というMP3ファイルを配っている。

社会探求分野のソル・ミンソク講師は「ソル・ミンソクの時事探求」というネット講義で人気だ。ソル講師は報道番組のような講義方式を取り入れている。

米同時多発テロや中国の東北工程(高句麗を中国史の一部に組み込もうとする、中国の歴史見直しプロジェクト)などを説明するため、撮影チームと共に自らアメリカや中国に飛んだ。ソル講師の「締めの一言」は「時事探求、ソル・ミンソクでした」だ。


 カリスマ講師たちのブログは、ちょっとしたタレントのブログもかなわないほどきちんと管理されている。講師が予備校内のスタジオでネット講義の撮影をするときは、ヘアスタイルや服装を担当するスタイリストが付く。



 浪人生のイ・シヨンさん(20)は「カリスマ講師の講義は情熱的で、耳にスーッと入ってくるように教えてくれるから、学校よりもずっといい」と話す。


 京畿道の中学に勤める数学教師のキム・セウンさん(31)=女性=は、「生徒たちは学校の先生よりも進学塾や予備校講師の言うことを聞き、尊敬している。

こういう最近の風潮には苦々しい思いもある」としながらも、「講師たちが激しい競争の中で努力している点については、学校教師も見習わなければ」と語った。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(2) | trackbacks(0) |

日本語学習人口、最も多いのは韓国

2008.03.03 Monday 18:56

世界で1番、日本語を熱心に勉強している国は韓国であることが分かった。

日本の国際交流基金が世界各国の日本語学校を対象に調査(日本人と日本国内の学習者は除く)したところ、韓国では91万1000人が学校や塾などで日本語を学んでいることが分かった。これは全世界の日本語学習人口の30.6%に相当する数字だ。


 次いで多かったのは中国68万4000人、3位はオーストラリアで36万6000人だった。人口に対する日本語学習者の割合も、韓国は52人に一人で最も高かった。

嬉しいニュースです。拍手最近では、中国語学習者が多くなり、日本語はあまり人気がないと思っていたけど、こんなにたくさんの人が勉強してくれているとは。。ポッ

韓国では、中学校から第二外国語を取り入れている学校が多いため、外国語に対する意識も高いです。また、日本語は韓国語と文法が似ているし勉強しやすさもあるのかもしれません。

日本でも韓国語学習者がもっと増えるといいです。その前に、もっと気軽に語学が勉強できる場が増えるといいです。

韓国で、語学を勉強できる場を『ハゴン(학원)』(学院)といいます。中学生ぐらいから年配の人まで誰でも勉強できます。

ハゴン(学院)によって値段は違いますが、2ヶ月で約20万ウオン(2万円)1ヶ月に10万ウオン(1万円)程度ですから、金銭的にもそう負担にならずに語学が勉強できます。

そして、何よりもあちこちに外国語ハゴンがありますから、学校や会社に通いながら勉強しやすいのです。

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

韓国人は日本人より読書量が多い?

2008.02.27 Wednesday 12:12

韓国人は日本人より本を多く読んでいる?


 文化観光部が25日に発表した「2007年国民読書実態調査」によれば、成人が過去1カ月間(調査時点基準)に読んだ本の数は、韓国が平均1.8冊、日本が1.5冊だった。

06年には韓国の平均が1.5冊、日本の平均が1.4冊だったことから、2年連続で韓国人の読書量が日本よりも多かったという調査結果が出た。


 韓国の読書実態は、07年12月に韓国出版研究所の主管で現代リサーチが調査した。

対象となったのは満18歳以上の成人男女1000人、および小学4年生から高校生までの児童・生徒2700人

一方日本の統計は、昨年10月に毎日新聞が行った調査結果を参考にしたものだ。


◆「図書文化の質はかなり劣る」


 ところが専門家は、「単純比較で韓国の読書の優位性を信じることはできない」と指摘する。
韓国出版研究所のペク・ウォングン責任研究員は、「2004年の調査において、両国の成人の月平均読書量は1.3冊で並んでいたが、月平均3冊以上読む人の比率は韓国の14.5%に対し日本は17.7%、月平均10冊以上読む人の比率は韓国の1.1%に対し日本は2.1%で、読書量が多い人に着目すると日本の方が上だった」と語った。

さらに韓国出版マーケティング研究所のハン・ギホ所長は、「公共図書館や出版物の質、出版総数、文庫版の活性化などを考慮すれば、比較すること自体が無意味だ」と述べた。

本来読書の集計に含まれない雑誌の閲読量について見てみると、成人の場合、日本(2.1冊)が韓国(0.6冊)の3.5倍、中学生では日本(4.9冊)が韓国(0.3冊)の16.3倍だった。


 1993年に始まった読書実態調査は今回が10回目で、資金不足のためほぼ隔年で行われてきたが、昨年と今年は年間4000万ウォン(約453万円)の政府支援を受けて実施された。

これによると韓国の成人の年平均読書量は12.1冊で、前年(11.9冊)より増加したことが分かった。



◆依然として読書貧国


 韓国の成人の4人に一人は、1年間に本を1冊も読まない。「過去1年間に本を1冊以上読んだ」と答えた人の比率(読書人口比率)は76.7%で、2006年(75.9%)や04年(76.3%)の数字と同等の水準を示す。

児童・生徒全体の読書人口比率は90.6%で、06年(89.6%)、05年(89.0%)とほぼ同じだったが、小学生(96.7%)と高校生(85.7%)の格差が大きい。


 「余暇に何をしているか」という問いに対し、「読書」と答えた成人は9.6%で、1番多かった「テレビの視聴」(24.1%)にはるかに及ばなかった。

「インターネット」(9.0%)、「新聞・雑誌を読む」(7.1%)、「睡眠・休息」(6.9%)が後に続いた。一方中学生の場合、読書(5.9%)は、テレビ視聴、コンピューターゲーム、インターネット、音楽鑑賞、友達と遊ぶ、携帯電話の利用に押され第7位だった。

また高校生の場合、読書(6.9%)はテレビ視聴、インターネット、コンピューターゲーム、音楽鑑賞に続き第5位だった。ペク・ウォングン研究員は、「児童・生徒の読書習慣がインターネットやコンピューターゲームによって侵されているが、家庭や学校がこれを防ぐ対策を打ち出せずにいる」と語った。


◆読書抜きでは作文も書けない


 今回、「読み書きにどれくらい自信があるか」という設問が、調査項目に初めて盛り込まれた。「読むことに自信がある」と答えたのは成人32.8%、児童・生徒47.7%だったが、「書くことに自信がある」という答えはその半分にも及ばず成人14.5%、児童・生徒22.5%だった。

出版研究所は、「読むことと書くことの自信は比例しており、作文に自信がないということは、読書量の絶対的不足を示すものとみられる」と語った。


 過去1年間に公共図書館を利用した人の比率は、成人のうち33.3%に過ぎない。

利用しない理由は、大部分が「忙しいから」「必要性を感じないから」だった。なお、「自宅の周辺で利用可能な文化空間」を尋ねる問いに対し成人が挙げた答えは、インターネットカフェ、カラオケボックス、レンタルビデオ店、書店、貸本屋の順で、読書空間の劣悪さを物語っていた。


朝鮮日報/朝鮮日報JNS

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

韓国のGDP、2.6%が「塾・習い事代」

2008.02.23 Saturday 20:01

韓国のGDP、2.6%が「塾・習い事代」

月・水は英語、火・木はピアノ、金曜日は美術、土曜日は短蕭(たんしょう=韓国伝統の竹笛)…。


 この春に5年生になるキム・ヨンジン君(ソウル市冠岳区新林洞)の「塾・習い事スケジュール」だ。週6日、計7時間半の「私教育費」(日本の文部科学省で言う「学校外活動費」=学習塾・家庭教師・習い事などの費用)は月41万ウォン(約4万6000円)だ。


 3月の新学期からは学校の体育の試験に備え、跳び箱・縄跳び・バスケットボールなどを教えてくれる「生活体育(月4万ウォン=約4500円)」がキム君の習い事スケジュールに加わる。キム君の母親(38)は「4年生になったら英語や算数は必須。中国語を習う子もいる。うちの子の塾や習い事は普通」と話す。


◆年間20兆ウォン以上が塾や習い事に


 統計庁が昨年、全国3万4000世帯を対象に初めて「私教育費」の実態調査を行ったところ、小中高に通う児童・生徒の77%が塾や習い事に通ったり、家庭教師を頼んだりしていることが分かった。また、こうした児童・生徒が負担する一人当たりの月平均私教育費は28万8000ウォン(約3万2500円)、塾や習い事をしていない児童・生徒も入れ計算した一人当たりの月平均私教育費は22万2000ウォン(約2万5000円)であることが分かった。子どもが高校を卒業するまでの12年間にかかる一人当たりの平均私教育費は3350万ウォン(約378万円)という計算になる。


 子どもが二人いる家庭なら、毎月約45万ウォン(約5万1000円)が私教育費として出費されることになる。これは韓国の勤労者世帯の外食費を除く食費1カ月分(30万ウォン=約3万4000円)や、交通・通信費(42万ウォン=約4万7000円)を上回る金額だ。



韓国の年間私教育費総額は20兆400億ウォン(約2兆2635億円)と推定されている。今回の調査では語学留学費用・放課後の学校費・教育放送(EBS)の教材費などを私教育費として集計していないため、こうした費用まで含めれば、私教育費総額は約22兆ウォン(約2兆4850億円)に達するものと思われる。


 これは、韓国の国内総生産(GDP)の2.6%に相当する金額だ。専門家は「この金額が私教育市場ではなく、一般消費支出に使われれば、景気活性化に役に立つ」と話す。


◆塾・習い事、小学生のほうが深刻

 今回の調査では、中高生に比べ小学生のほうが塾や習い事に多く通っていることも分かった。


 統計庁の調査によると、韓国の小学生10人のうち9人(89%)は塾や習い事に通っている。これは中学生(75%)、高校生(55%)を上回る数字だ。


 また、小学生が塾・習い事に充てる時間は1週間に平均8.9時間。これは中学生の平均と同じだが、高校生の平均4.5時間の約2倍になる。国語・英語・算数といった一般教科を塾などで習う小学生の割合も77%で、中学生(71%)、高校生(47%)を上回っている。


 作文を習う小学生の割合も7人に一人(15.2%)で、中学生(7.9%)や高校生(4.6%)より高かった。英語の早期教育ブームを受け、語学留学する小学生も1.1%と、中学生(1%)や高校生(0.4%)より割合が高い。


 高麗大学のクォン・デボン教授(教育学)は「親が会社から帰宅するまで、家で一人になってしまう小学生のための学校放課後活動が活発でないことも、小学生が塾・習い事に通う理由の一つ」と話している。




朝鮮日報/朝鮮日報JNS

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

韓国には英語が必要だ

2008.02.17 Sunday 19:11

韓国には英語が必要だ !! ムニョムニョ

キロギ家庭(早期留学のため妻と子が外国に滞在し、父親だけが韓国に残って単身で働いている家族)」が増加し、多くの母親たちが米国の地で苦労していると聞く。

6−8年間もの間、学校で英語を勉強したにもかかわらず、「なぜこんなに話せないのだろう」とため息ばかりついている母親たちは、韓国の英語教育の問題を、実感しているはずだ。これは何も本人たちだけの責任ではない。


 海外に渡って勉強する生徒たちや、外国企業との取引が多い商社の社員、外国に移民して日々の生活に明け暮れる人々、先端技術や新しい知識を吸収しようと奮闘する技術者たち…。

その皆が英語という壁に悩まされている。韓国人の英語力不足が原因で生じる個人レベルの損失や国家レベルのムダは、計り知れないほどだ。


 英語はコミュニケーションの道具であり、手段だ。言語のことを文化や歴史の結晶体だと言う人もいるが、文化や歴史もコミュニケーションあってのものであり、言語はその道具としての役割が強い。


 また現代社会は、情報化社会と呼ばれる。情報は何から生まれるのだろうか。情報とは、人間と人間の間で知識やアイデアが行き交うところから始まる。そして言語という道具は、情報のやりとりには欠かせないものだ。


 情報のやりとりにおいて、相対的に優位な立場にある方の言語が優勢になるのは当然のことだ。そして米国が韓国よりも優位にあることは、否定できない事実だ。

米国そのものが重要というよりも、米国と国益を共にする国や、米国との取引が多い国、米国の影響力が強い国では英語が通じるという事実が重要なのだ。

だから韓国も、その「共通語」を手に入れてはどうかと言っているのだ。

続きを読む >>

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

早期留学

2008.01.27 Sunday 08:48

パクッキロギアッパ 約1万人  기러기 아빠 약 1만명 パクッ

妻子は海外、韓国に残り働く父親1万人
中小企業に通うキムさん(46)は2006年に小学生の娘二人と妻をフィリピンに送り出した「キロギアッパ」だ。

キロギ」とは渡り鳥の雁(かり、ガン)、「アッパ」とは父親のことで、早期留学で外国に滞在する家族のため韓国に残り単身で働く父親を指す。

3年前に妻が子どもたちを連れフィリピンに行くと言い出したときキムさんは反対したが、「英語を覚えるため」という理由から、結局首を縦に振るしかなかったという。


 母娘がフィリピンへ行くときに持って行った資金は約4500万ウォン(約500万円)。これも定着資金や学費などでほぼ1年後には使い果たしてしまったため、最近キムさんは月250万ウォン(約28万円)ずつ送金している。「普段の夕食はインスタントラーメンで済ませる」というキムさんは「一人家に帰ると、“このように夫婦や子どもたちが離れて暮らすことに何の意味があるのだろうか”という思いを強く感じる」と言った。


 早期留学が自由化された2000年以降、小・中・高校から留学する児童・生徒が増えたことから「キロギアッパ」も急増、深刻な社会問題になっている。教育部統計によると、06年に海外に向かった小・中・高校の早期留学生は2万9511人で、1999年の1839人に比べ15倍にも増えた。それだけ「キロギアッパ」も急増していることになる。

続きを読む >>

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

高卒でも英語が使えるような教育を

2008.01.27 Sunday 08:39

ひらめき韓国の新しい英語教育に対する対策。今以上に英語力が重視されていきそうだ

李明博(イ・ミョンバク)次期大統領は25日午後、ソウル小公洞のロッテホテルで開催された全国市道教育監創立総会に参加し、
高卒でも、ある程度は実用的な英語を使うのに困らないようにし、英語の塾や予備校に通わなくても大学に行けるようにする」と語った。


 李慶淑(イ・ギョンスク)政権引き継ぎ委員長もこの日、幹事団会議に出席し、「早期留学による父親と家族の離散家族問題はこれ以上放置できない。英語教育の問題点を国が責任を持って解決すべき時期だ」と述べた。


 李慶淑委員長はその直後、ソウル三清洞の引き継ぎ委事務所前で記者たちに対し、「家庭の平和が重要で、これは結局社会の安定につながる。
(早期留学による離散家族問題などは)私教育費の増加など社会的影響が大きく、この問題を放置するわけにはいかない」と強調した。


 引き継ぎ委はその対策として、優れた英語力を持つ30代の主婦を小・中学校の英語教師として養成し、2年以内に教師として採用するプログラムを作成する計画だ。同時に教育学部の学生を短期の英語教師として採用する案も検討しているという。


 李明博次期大統領の側近は、「30代の高学歴主婦は、実力や意欲はあっても活躍の場がない。このような人たちを再教育して英語教師として養成すれば、女性の雇用創出にも貢献し得る」と述べた。


 李明博次期大統領は公約で、英語で授業のできる教師を毎年3000人ずつ(新規採用1000人、現職教師2000人)養成すると語っていた。李明博次期大統領の側近は、英語教師研修、英語教育課程の開発、教員養成のための海外実習の支援など、任期1年目に720億ウォン(約81億円)、5年で3930億ウォン(約443億円)の予算が投入される予想している。


 16の直轄市・道の教育政策を協議する法的機関としてこの日発足した市道教育監協議会は、孔貞澤(コン・ジョンテク)ソウル市教育監を会長に選出した。



朝鮮日報/朝鮮日報JNS

↓★ランキングに参加中★ ↓↓

人気blogランキングへ

| 二人のあゆみ** | ┣教育 | comments(0) | trackbacks(0) |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

韓国のお天気

シドニーのお天気

Click for シドニー, New South Wales Forecast